初めて小川糸を読む

 友人から、これ、はるるさん向きだと思うから読んでみては、と勧められ貸していただいた小川糸の『針と糸』を読みました。

 小川糸さんの本を読むのは初めてで、しかも小説ではなくエッセイ集が入り口だったわけですが、こ~れ~が、なかなかよろしかったのです。

 

 ドイツの人々が土日をしっかり休んでメリハリのある暮らしをしているというのは、昔、犬養道子の本で読み、最近も辛淑玉さんのある雑誌に連載されているドイツ通信(正確なタイトルは失念)の中で読み、また、ドイツに住んでいる友人からも聞いてましたが、改めて小川糸さんの文章で読むと、あら不思議、自分もそんな風に生きたい!という気持ちがむくむくと湧き上がってきたではありませんか。

 

 というわけで、日本ではなかなか難しいけど、土日はなるべくのんびり、平日はめいっぱい働く(でも、夜は働かない)を現実化しようとです。、ただいま努力中です。

 

 あと、『針と糸』の中で、これは忘備録的に書き留めておこうかなと思ったのが、ラトビアの十得。 

 

常に、正しい行いをしましょう。

隣の人と仲良くしましょう。

自らの知識や能力を社会のために惜しみなく差し出しましょう。

まじめに楽しく働きましょう。

それぞれの役割を果たしましょう。

向上心を忘れずに、自らを洗練させましょう。

家族や友人、故郷、自然など衣食住のすべてに感謝しましょう。

どんな状況におちいっても朗らかに明るく受け止めましょう。

ケチケチせず、気前よくふるまいましょう。

相手の立場に立って寄り添いながら生きていきましょう。

 

  なかなか楽しい人生訓だと思う。

  

  これから、小川糸さんの小説も読んでみようかなと思っています。

  やっぱり最初の一冊は『食堂かたつむり』でしょうか。

 

 

 あと、読了したのは、『安部官邸vs.安部官邸NHK』と『バイリンガル・エキサイトメント』。

 

 

 

 『安部官邸vs.NHK』は、テレビのニュースってこんな風に取材され、作られているのかというのが、そもそも新鮮で一気読みしてしまいました。

 当たり前ですけど、テレビのニュースって自然に降ってくるものではなく、誰かが調べて裏付けを取り、文章化し、それが放送されてはじめてニュースになるわけですが、その辺りを意識してNHKニュースを観てなかったです。

 あと、一つひとつの順番と長さに結構、意味があるというか、深謀遠慮があるんだなとういことも学びました

 というわけで、元号騒ぎをかなり斜めに見ていた私。

 で、この本の肝は

 

森友事件は森友学園の事件ではない。国と大阪府の事件である。(中略)おかしなことをしたのは森友学園ではなく、むしろ国と大阪府のほうだ。

 ということを主張し、この主張に論拠を与えているところですね。

 

 『バイリンガル・エキサイトメント』はリービ英雄さんの新刊で、本屋でみかけて、ついふらふらと買ってしまいましたが、リービさんの三つの講演や、多和田葉子や温又柔らとの対談、そしてエッセイ集がてんこもりの読んで満足の本でした。

 「令和」騒ぎの時、『万葉集』『万葉集』と連呼され、本が売れているというので、『万葉集』を英訳して全米図書賞を獲得したリービさんのインタビューもあるかしらと思ったけど、気が付いた限りでは全くなくて、それが残念です。

 あと、無邪気に『万葉集』と騒いでいるのを見ると、戦前にいかに国家が『万葉集』を利用したかということに思いが行き、どうも落ち着かなくなってしまう。

 『万葉集』自体には何の不満もなく、好きですけどね。

 

はるる

 

 

桜満開の中の読書

 こちら、「はるるの勝手に独り言」です。

 

 あちらこちらで桜が今を盛りと咲いていて、うららかな日です。

 仕事の傍ら、ぼちぼち読書しています。

 

 ところで、前回の投稿の時に最後に触れた『守教』の中に、帚木氏がカトリック信者に確認してくださっていればと思った明らかなミスが一つ。

 それは、小説中に繰り返し出てくるロザリオの祈りとして、ファティマの聖母の祈りもするとなっているところです。ファティマの聖母出現は20世紀のことで、キリシタン時代にはあり得ないので。

 

 なお、『守教』に出てくるキリシタンたちが言う言葉が、マザーテレサの言葉のもじりだったり、ラインホルト・二ーバーの祈りのもじりだったりして、非常に心構えとして立派だったのには、読みながら背筋が伸び、自分の信仰を顧みてしまいました。

 

 今は、少しずつ堀田善衛の『ミシェル 城館の人』を読んでいるところです。

 全三巻本のうち、第一巻は読み終わって、今は第二巻の途中。

 フランスのカトリックユグノーの抗争が繰り返されていたヴァロア王朝末期の様子がよく分かります。堀田さんの勉強ぶりと筆力に脱帽しつつ読んでいます。

 

 

 で、その合間に友人から、今ベストセラーの『一切なりゆき』を読みました。この樹木希林語録を読んで、その我が道を堂々と歩んで動じない生き方に、人間としてすごかったんだと樹木希林さんへの認識を新たにしました。

 おおっと思ったのは、娘さんが希林さんが先に死んで、お父さん(内田裕也)が残ると困ると思い、占い師に尋ねたら、その占い結果が「お母さん(樹木希林)が死ぬときには即座にお父さんの襟首つかまえて逝くから大丈夫」というものだという箇所ですね。

 この個所を読んだときは、まだ内田裕也さんは生きておられ、「ふ~ん、本当にそうなるのかしら」と思いつつ読んだのですが、先日、本当に樹木希林さんが亡くなって半年ほどで逝去されたというニュースに接して、お~っ!と驚いた次第。

 

 

 あと、亡くなった人つながりというわけでもないですが、ドナルド・キーンさんの自伝を購入して、ちょっぴり昨日から読み始めました。

 まあ、ほかにも仕事関連で読んでいるものもありますが、それはマニアックなので横に置いときます。 

 

 はるる

 

 

 

 

 

自宅療養中の読書

   無事に退院はしたものの、やはり開腹手術でしたので、結構体への打撃は大きく、今は仕事を休んで家で養生しています。
 で、養生の間に、これまで積読状態だった本を読もう!と思ってぼちぼち読んでいます。
 恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を夢中で読み、感動した勢いで青柳いづみこさんの『ショパン・コンクール』も読みました。(『ショパン・コンクール』の方は、最近少しずつ歩くようにしていて、その流れで近所の本屋さんを覗いたらあったので、つい購入)。

 『蜜蜂と遠雷』に登場する輝かしき天才たちもすごいですが(三人ともそれぞれ持ち味が違っていて、みんな好きですね~)、私が一番共感したのは、天才ではない(であろう)高島明石でした。

 これ、今年映画化されるようですが、一体、風間塵のピアノを、本に書かれているごとくに表現できるのかしら?と思ってしまいます。彼の音を作り出さないとならないピアニストはさぞかし大変であろう。

 それに、栄伝亜夜のピアノもね。

 王道を行くマサル・カルロス・レヴィ・アナトールのピアノが、実は一番再現(?)しやすいかも。

 

 

 『ショパン・コンクール』の方は、2015年のコンクールの様子をNHKで観ていたので、それを思い出しつつ読みました。
 素人の私には、皆さん上手いですね~としか思われないのに、プロが聴くと、こんなに個々のピアニストの欠点が露わになるのかというのが、この本を読んでの一番の驚きです。
 あと、コンクールの過酷さと、審査の内幕があれれという感じだったのが、意外というか、まあそうだろうなというか。

 

 

 それから、『はじめての明治史』を読み、『信仰と医学』を読み、『天皇と日本人』を読みました。

 

 『信仰と医学』はルルドについての話で、カトリック系の本だと聖母出現とその後のベルナデッタの話で終わるところを、ルルドについてどんな本がどんな視点で書かれたかとか、その後の奇跡の実例を医学的に考えるとか、ほうほうと読みました。

 

 

 

 

 

 『天皇と日本人』はやはり外国人の視点はちょっと違うな~と思う所あり。

 

 そして、つい昨日、帚木蓬生さんの『守教』上・下巻を読み終わり、感動の余韻に浸っています。

 

 

 

 

引っ越しました よく分かってませんが

 こちら、「はるるの勝手に独り言」なんですが、タイトルをどうしてよいのやら。

 はてなダイアリーが終わるから、はてなブログにインポート云々という、私にとっては謎のお知らせを受けてから幾星霜。
 とうとう、引っ越しせねばならぬらしいということで、入院中で余裕があるのを幸い、昨日、インポートなるものをしてみた…つもりのはるるです。
 本当にこれでいいのだろうか、不安だ。

 入院というのは、子宮筋腫その他切除の手術でして、先週受けました。バレンタインデーに。
 開腹手術でしたので、おなかに力が入らないとこんなに情けないということを体感し、健康ってすばらしいものね!と月並みながらも、失ってみて初めてわかるありがたさを痛感しております。
 ほんとに、さっさと速足で歩ける、痛みもなく走ることができる、なんて恵み以外のなにものでもありませんよ、そこの方。当たり前って、すごいことです!
 心から感謝するように!(って、いきなり何者だ、あたしゃ)。
 
 さて、明日、退院予定ですが、やっと少し痛みも治まり傷口のテープもはずし、少しずつ日常に戻りつつあるところ。

 入院中に読んだのは、次の三冊。

  

野鴨 (講談社文芸文庫)

野鴨 (講談社文芸文庫)

 

 

 

用事のない旅 (わたしの旅ブックス)

用事のない旅 (わたしの旅ブックス)

 

 

 

還暦着物日記

還暦着物日記

 

 

 今回、庄野潤三の『野鴨』を読んで、何気なく、なんでもないことを書いているみたいだけど、実際の所、これはすごい文章、文学なんだと(今更ながら)打たれて感動してしまいました。

 庭の風景をただ書いているみたいでいながら、実のところ、何を選び、選んだものをどう書くかという、取捨選択と描写の仕方、家族のなんでもないような小さな出来事を書き、庭の情景を書く、この二つの要素の混ぜ方の絶妙さ、一つのパートを終わらせるときの最後の一文をどう置くかも、まさにピースがぴたりとはまったような、これ以外の終わりはありませんという感じで、全体との兼ね合いが素晴らしくて、それまで、なんということもなく読み流していた己の不覚をしばし猛省しました。

 まるで目が突然開いたみたいに、庄野潤三の文章の凄みにやっと気づきましたわ。

 『野鴨』の頃の庄野潤三は数年置きに重要な賞を次々と受賞していた頃なので、いわば油が乗り切った最高の充実期、黄金期にあった作家だったわけで、すばらしかったのもむべなるかな、なんですが、それにしてもいやはや。

 30のパートに分かれているこの作品の「三十」の最後の部分なんて、うーんと唸ってしまいました。

 全体の話(知り合いの「じいさん」が亡くなったことを知る話と、自分の親族の法事の話をつなげて、次兄の話になる)をしめくくるに、これだよね!という文章で終

っている(と思う)。

 

小さい葉が一枚、宙を斜めに流れるようにして山もみじの下へ落ちる。

まだらにこぼれた日の、まるい輪に入って、金色に光った。

 

  いやあ、作家ってすごいんですね。

  家の日常書いているみたいで、単なる高級ブログではない。最晩年の庄野さんの作品はいささか高級ブログ化しているところ、なきにしもあらずだったので、知らず知らずのうちに舐めてました。すみません。という気分です。

 

 というわけで、引っ越しして、とりあえず、試しに書いてみました。

 これまで読んでいただいていた方々(方?)が、このささやかなブログを見つけて下さるとよいのですが。

 

 はるる

 

年の瀬

 気が付けばもう2018年も終わろうとしているとは。
 今年もまた、あまりブログを書けないまま一年が終わろうとしてます。

 2018年、何を読んできたのかなあと思いめぐらしているのですが、リービ英雄にはまったとかありますが(ほとんど全部読んだもんね)、今年出た本でこれだ!というものは、と言われるとよく分からないなあ。

 と思いつつ、すぐ出るのは、内田洋子さんの『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』でしょうか。

 

 こういう緻密な調査と人のつながりを背景にした本は、読むと気持ちがよいですね。

 そういえば、今年の初め頃、友人が貸してくれた本で心に沁みたのは、森下典子さんの『日日是好日』。はるか昔に出た本だけど。

 感動して、自分でも手元に置きたいと文庫本を買ったら、その後映画されるという話を聞き、観に行こうと思っていたのですが、…見逃してしまいました(^-^;


 あ、そうだ、11月に富山市堀田善衛展を見に行きました。
 『堀田善衛を読む』を片手に。

 富山はいいところですねえ。冬は厳しそうなので、住むかと言われると南国育ちの私は二の足を踏むけれど、数日、のんびりと滞在してみたいなと思う街でした。
 それで、『富山は日本のスウェーデン』を読みたい!と思ったのですが、意外に富山市の本屋には一冊も見当たらず、ありゃりゃと軽く驚きましたわ。


 驚いたといえば、堀田善衛の本もほとんど売られていないのにも、地元でも読まれていないんかと、ちょっと寂しかったですが。

 金沢に行ったときは、地元出身の泉鏡花やら室尾犀星やらがバンバン積まれて売られていたのを見たので、堀田さんの本も富山ではそうなかのかと思ったのですが、そんなことはなかったのであった。

 高岡市では?と思って、書店に行ってみましたが、やはり一冊あるかないかで、読まれていないですねえ。まあ、地味な作家だし、一般受けする感じの作風ではないですものね。
 
 それはさておき、富山に行ったときは、富山市だけでなく、高岡市の博物館でやっていた「堀田一族と伏木」展まで見に行きました、
 おかげで、どんな一族だったのか、『若き日の詩人たちの肖像』の背景とかがもっとよく分かって、興味深く、行ってよかったと思いました。
 堀田善衛展をしていた高志の国文学館も雰囲気がよくて、気に入りましたし。
 堀田さんの書斎が再現されていたのを見られたのも、嬉しかった。

 堀田さん関連では、娘さんが書かれた『ただの文士 父、堀田善衛のこと』を読むことができて、よかったですね。
 スペイン生活について、父親の方から書いていたのを、娘の方から書かれている部分とか、面白かったです。
 それに、堀田さんが一つのテーマに取り組むときの、取り組み方の集中ぶり、徹底ぶりにも感銘を受けたましたね。

 

 というわけで(?)、2018年は、私にとっては、堀田善衛再発見の年でした。

 ついこの間、中日新聞夕刊の「大波小波」に、今、堀田善衛は殆ど読まれなくなったと書かれていて寂しかったけど、まだ、かろうじて(大きな)本屋には彼の本が並んでいるし、もう少し、彼の本を読んでみようと思っています。

 そうだ、今年は韓国に再接近の年もであったのだった。
 韓国語学習に(いささか)気合を入れ直したし。

 映画『1987』はよかったねえ。
 来年1月に『共犯者たち』を上映するというので、何が何でも見に行くぞ!と心に決めております。

 思えば、いつにもましてドキュメンタリー映画をよく観に行った年年だったかもしれない。

 『ゲッベルスと私』『ヴァンサンへの手紙』『いろとりどりの家族』などが心に留まっています。

 『いろとりどりの家族』は原作本が2019年に出版されるそうなので、それは読みたいなあと思っています。

 それでは、良いお年を。

 はるる


 

 

 

テキスト求めて三千里

 あの猛暑が嘘のように過ぎ去り、やっと人間らしく生きていられる季節が嬉しいはるるでございます。

 光の加減が晩秋というか初冬で、その美しさが嬉しい。

 その光に誘われてというわけではないですが、10月は映画を二本観ました。

 韓国映画の『1987』とアメリカ映画の『LBJ』。 
 どっちも政治映画ですね。今気が付いたけど。

 


 『LBJ』については、別ブログで触れるつもりですが、主演男優さんがあまりにLBJの話し方をそっくり再現しているのに、驚きました、はい。

 『1987』には、ガーンとショックを受けて、『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』を読みました。
 一人ひとりが、その人がやれる限りのことを、精一杯自分がいる場所でやること。
 それだけでも、大きな抵抗になる。
 ・・・と感じた、韓国の民主化運動。
 韓国から学ぶべきことがたくさんある!と感じます。
 ちょっぴり(この間から始めた)韓国語再学習に力が入るこの頃。

 

沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート

沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート

 
 本といえば、出版社つながりで、いきな『奴らを通すな!』を読みました。
 ヘイト・スピーチにカウンターをかける元ホスト右翼の人が書いた本で、なかなか興味深かった。
 右翼の世界ってこうなっているのか〜という驚きもあり。
 なぜ、すぐに実力行使に行こうとするのか、やはりいくつか理解できないところもありましたが、著者の真摯な思いは受け取ったつもり。


奴らを通すな!

奴らを通すな!

 で、表題ですが、最近、ちょっとイタリア語を学び必要が出てきて、NHKラジオ講座を聞き始めたのですが、このテキストを購入するのが一苦労なのであります。

 今回も11月号を求めて、何軒の書店を回ったことか。
 英語の講座のテキストは山ほど積んであるのに、イタリア語のものはない。
 テレビの「旅するイタリア語」はあっても、ラジオのがない。
 ジュンク堂にもなくて、さらに丸善でやっと入手。
 定期購読すればいいことなのでしょうが、NHKの語学テキスト一冊を買うのに、この大都会に住んでいながらこんなに苦労するとは、これ如何に。

 そういえば、この夏に堀田善衛にはまりかけて(『若き日の詩人たちの肖像』を再読したのがきっかけ)、もう少し読んでみようかと本屋に出かけても、堀田善衛の文庫本など影も形もなく、よんどころなく図書館で借りて読んでたのですが(まあ、買わなくてもいいんだけど)、それと同じような不充足感をテキスト求めて三千里しているときに感じましたねえ。

 もっとも、本日ジュンク堂に行ったら、生誕100年を記念して『堀田善衛を読む』が集英社新書から出たからか、結構ずらりと文庫本が棚に揃っていて、ちょっと感激しましたが。
 思わず、読みたかった『めぐりあいし人びと』を買っちゃいました。
 で、今、少し読み始めたところです。
 

めぐりあいし人びと (集英社文庫)

めぐりあいし人びと (集英社文庫)

 『堀田善衛を読む』は発売直後に求めて読みました。
 私は堀田善衛のよい読者でもなんでもないのに、なぜか気になる作家なのであった。
 今までまともに読んだことのある彼の著作なんて、前出の『若き日の〜』を除けば、『方丈記私記』くらいなのに。
 あとは、図書館で『スペイン430日』借りて、現在ちょびちょび読んでいる程度。
 なのに、富山市にある高志の国文学館で開催されている、生誕100年記念の堀田善衛展に行ってみようかなどと思ってしまうのはなぜなのやら。

 

 はるる

猛暑の夏にいきなりリービ英雄にはまる

 ご無沙汰してます〜。

 大雨の被害の大きさに衝撃をうけております、はるるです。
 我が故郷、愛媛を含む西日本各地でたくさんの方々が亡くなられ、本当に心が痛みます。
 と言いつつ、ボランティアにいくでもなく、義援金に協力する程度のことしかやってませんが…。
 
 大雨の後が、この暑さ。本当に被害地はどうなることかと案じられますが、そんなこといいながら、この一か月ほどはまった作家について書こうとしているワタクシであります。

 リービ英雄については、アメリカ人で日本語で小説を書く人だ、という知識はありましたが、これまでさしたる関心は持っていませんでした。

 ふと彼を読もうという気が動いたのは、今思えば、温又柔の『台湾生まれ 日本語育ち』を読んだことだったようです。

台湾生まれ 日本語育ち

台湾生まれ 日本語育ち


 といっても、その時は、温又柔の法政大での恩師がリービ英雄という知識があったわけではなく、多言語使用とか、別の言語の中で生まれた後に違う言語を使って生きるようになったということに、興味が動いたということなんだろうと思いますね。

 で、そういうことに猛烈な好奇心が湧いたところでたまたま図書館で見つけたのが、リービ英雄の『越境の声』でした。

 

越境の声

越境の声

 なんだかこの本にガーンと衝撃を受けて、それから突如として憑りつかれたように彼の本をひたすら図書館で借りて読みました。

 『日本語を書く部屋』、『新宿の万葉集』、『仮の水』、『国民のうた』、『我的中国』、『延安』、『我的日本語』、『千々にくだけて』、『最後の国境への旅』、
そして『天安門』。

 

新宿の万葉集

新宿の万葉集

仮の水

仮の水

国民のうた

国民のうた

我的中国 (岩波現代文庫)

我的中国 (岩波現代文庫)

延安―革命聖地への旅

延安―革命聖地への旅

我的日本語 The World in Japanese (筑摩選書)

我的日本語 The World in Japanese (筑摩選書)

最後の国境への旅

最後の国境への旅


 ついでに昔読んだけど、その時はその背景がよく分からなかった『英語でよむ万葉集』まで再読してしまいました。(そして、そこに書かれていることが、分かったという思いがしました。)

英語でよむ万葉集 (岩波新書)

英語でよむ万葉集 (岩波新書)

 9・11を扱った『千々にくだけて』(大佛次郎賞受賞)は本当にすごくて、なるほど文学とはこういうことがやれるんだと唸りました。そういう思いを持ったのは、初めてだったかも。
 
 また、英語が母語だった人が、日本語で現代の中国を書くというのが、とにかくすごくて、これが中国なのかと圧倒される思いで、中国絡みの一連の小説を読みました。

 わけても、個人的にこれはものすごく大事なことが書かれているのに、それを私はきちんと受け取れ切れていないという思いで、何度も読んだのが『天安門』に収められている中編の「ヘンリーたけしレウィツキーの夏の紀行」。
 まだ、きちんと言語化できません…。

 

天安門 (講談社文芸文庫)

天安門 (講談社文芸文庫)

 

 というわけで、ものすごい勢いでリービ英雄の本を読みまくり、ただいま、ちょっと一息入れてます。

 彼のデビュー作の『星条旗の聞こえない部屋』は読んでおきたいし(なんで、あんなにこの人は日本人になりたかったのか)、彼の魂の原点である台湾について書いた『模範郷』はやっぱり読みたい。

星条旗の聞こえない部屋 (講談社文芸文庫)

星条旗の聞こえない部屋 (講談社文芸文庫)

模範郷

模範郷

 あとは、『日本語の勝利』も読んでみたい。
 あ、『大陸へ』もね。

日本語の勝利

日本語の勝利

 というわけで、仕事の合間にもう少しリービ英雄を読む旅は続きそうです。

 ちなみに、リービ英雄から派生して姜尚中の『それぞれの韓国そして朝鮮』も読んじゃったし(この対談集の中で、リービ英雄が対談相手になっているから)、リービ英雄と一緒に台湾を旅した温又柔(『模範郷』はそこから生まれた本みたいです)からの連想で、『タイワニーズ』も読みました(『タイワニーズ』良いです。お勧め)。

 派生読書、ですね。

 

タイワニーズ 故郷喪失者の物語

タイワニーズ 故郷喪失者の物語

 で、派生ついでに、こうなったら、かつて読んだけど結局何もわかっていなかった『エクソフォニ―』を再読すべきか、と考えているところです。

 今ならもう少し、この本からきちんと何かを受け取れるかも。

 

 はるる